登山に関する情報が満載!

登山をする時の服装は

登山は人を虜にしてしまうことが多いです。
登山をした事が無かった人も誰かに誘われて、初心者でも登れるところに行ってみると、たちまち今度は服装も整えて、体力をつけてもう少し難しいコースのところを征覇したいなどと思うのです。
メディアなどでも言われているのですが、仕事を退職してから趣味として登山を始めるシニアが多いのです。
1度、登山をしたみるとわかるのですが、服装はとても重要なものです。
それはオシャレとか、見た目では無く、命を守ってくれるからです。
自然は普段は優しい顔を見せていますが、一旦荒れ始めると、とても人間が非力なのがわかります。
その山に向かう時には、山に対しての敬意を表するような、しっかりとした装備を含めた服装が必要になります。
それは、やはり専門に扱っているところで相談をして、自分が登りたいところにはどのような支度が必要なのかを、聞いてしっかりとした服装と心構えを持って行くことが良いでしょう。

初めての登山・服装の選び方のポイント

 登山に行くときにどのような服装を選んだら良いのか、ワクワクすると同時に初心者の方は悩むところです。
 登山での服装でまず考えなければならないことは、重ね着が基本になるということです。
登山中は温度の高低差がとてもあることを念頭におく必要があります。
基本的には下着、中間着、上着でそろえます。
もちろん、3枚しか着ないということではありません。
機能としてこの3つのゾーンがあるということで考えて下さい。
 下着を選ぶ場合のポイントは、速乾性です。
汗をかくことが多く、その汗が身体を冷やすことのないよう、汗がすぐに乾く素材が好ましいのです。
化繊もしくはウールなどが良いでしょう。
薄いものを何枚か重ね着しても便利です。
 中間着はフリースや薄手のダウンジャケットなどの着脱の便利な物が最適です。
フリースは上着や下着としても活用できますので、持っておいて損はないでしょう。
素材としては保湿性があり、吸汗性のあるものがいいでしょう。
 上着は、何と言っても防水・防風を第一に考えましょう。
レインウェアやウインドブレーカーがおすすめです。
パンツも速乾性のあるやや厚手の化繊素材のものが向いています。
 以上のポイントを抑えて、自分の好みの色や柄で選ばれてはいかがでしょうか。
登山だからと言って、やたら本格的な高級品をそろえる必要はありません。
要は大切な機能はしっかりと確認し、後は自分が着て快適、楽しい服装で登ることが何よりでしょう。

recommend

成人式の前撮りを岡山でする
http://seijinshikimaedori-okayama.jp/

2016/6/1 更新

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) SEO そこに山があるから ALL RIGHT RESERVED